ひも的株式投資ログ

ひも生活っぽい感じから抜け出したい人のブログ

コナカのオーダースーツ「ディファレンス」がかなりイケてる件

農業をはじめて以来、すっかりスーツを着る機会がなくなりました。以前は仕事で稼いだお金を、自分の身の丈に合わない金額のオーダーメイドスーツに使うことが楽しみだったりしました。昔は営業マンとして関東近県を飛び回っていたのですが、年齢相応に見られたくないという考えからスーツにお金を使うようになったのですが、いつの間にか当初の目的を忘れてハマってしまってたんですね。当時は麻布テーラー神田店(いまは店舗がなくなったみたい)でオーダーメイドスーツの作ってもらうのが何よりの楽しみで、身体にあったスーツで仕事に行くのが本当に楽しくて仕方がありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

今回はコナカ<7494>がオーダースーツの専門店を昨年にオープンしていた件についてです。これは需要絶対あるなーという直感が働いたので株価や業績の分析も交えて記事にしてみたいと思います。

DIFFERENCE(ディファレンス)の詳細

まずはディファレンスの紹介ムービーから。

コナカがリリースした新ブランドのディファレンスですが、特徴的なのは初回採寸時に取得データを元にして、2着目以降はスマホアプリから注文が可能になっている点です。オーダーメイドスーツを店舗で注文したことのある人には理解出来ると思いますが、店舗でスーツを注文する際にお店が混雑しているとかなり待ち時間が長くなったりすることがあります。また、お店に行く前に予め大まかなデザインを決めておきたくても店舗にしかカタログがないので事前に検討できなかったりと不便が結構あったりするものなんですね。これって既製品のスーツにはない煩わしさなんじゃないかと思います。

ディファレンスのもうひとつの特徴としてはクリエイティブディレクターに佐藤可士和さんを起用するなどかなり力を入れている点です。

f:id:pochikichi:20170121122644p:plain

オーダースーツの値段は?

ディファレンスのホームページに記載されている値段は以下の通りです。

MEN’S
スーツ   ¥35,000〜  ネクタイ ¥8,000〜
フォーマル ¥45,000〜  ベルト  ¥8,000〜
シャツ     ¥8,000〜   コート ¥45,000〜

WOMEN’S
スーツ   ¥35,000〜  スカート ¥12,250〜
ジャケット ¥24,500〜   パンツ ¥12,250〜
シャツ    ¥7,000〜   コート ¥45,000〜

このなかで「スーツ」が上下セットのものですね。ジャケットだけの注文とかもできるんだ。すげー!!上下のスーツも35,000円から作れるのは素晴らしいです。
新卒1年目の社員でも手を出せるような価格帯ですので、自分が東京で勤めていたらすぐに行っていただろうなと思います。

日経のディファレンスの紹介記事。早く安くと書いてありますが、たしかに2週間は相当早いですし、上記の通り価格も誰でも手が出せる価格です。ちなみに、記事によると一番注文の多い価格は5万円前後だそうです。

messe.nikkei.co.jp

閑話休題 スーツに合わせる小物について

オーダースーツをバッチリ決めた後に問題になるのは小物類です。
ネクタイやタイピンなどの小物は、基本的には都内のセレクトショップ等で買っていましたが、長野に引っ越してからはAmazonで購入することが多くなりました。

「ここはスーツ僻地だなー」と思いつつもAmazonや楽天があれば結構満足いく買い物ができることが分かってきました。オススメ商品をさらりとご紹介。

着席した際の見た目の9割はネクタイで決まる!

と思ってます。なので、座った時の印象を決定づける重要なアイテムだと思ってます。少しカジュアルな感じでも許される職場であれば、ポール・スミスが断然オススメ!女子ウケすることは間違いなし。次点でミチコロンドンなどでしょうか。

ポールスミス(Paul Smith) マルチストライプ/シルクネクタイ/イタリア製 (ANSA 552M X59 V:マルチカラー)
(ミチコロンドン)MICHIKO LONDON ブランドネクタイ  MICHIKO-SET-I-10
神は細部に宿る 意外に重要なネクタイピン!

これもポール・スミスに一票です。基本的には小物は全部ポール・スミスなのですね、自分の場合は。色々試しましたが、ポール・スミスが一番でした。

一見地味だけど、よく見るとオシャレ!ということが重要です。

[ポールスミス] Paul Smith 正規品 日本製 タイバー 【ショップバッグ・保存箱付き】 シルバー タイピン ネクタイピン 正規品 (ストライプ)
清潔感を司るハンカチ

日常的に持ち歩いていないってことはないですよね?カッコイイスーツを着るよりも、まずは清潔感を携帯すべきですね。

 

[セット品] ギフトラッピング済 ポールスミス Paul Smith ハンカチタオル パイル地 ハンドタオル マルチストライプ 553731(マルチストライプ)

結論としては、小物は迷ったらポール・スミスがオススメですよーという話でした。

コナカの業績と株価の分析

直近の業績は以下のようになっています。

f:id:pochikichi:20170121123631p:plain

 ※Uletさんからの引用。見やすくていつも参考にさせて頂いています。

売上高は微増ながらも右肩上がりとなっております。5年連続(これ以上のデータがないのでそれ以上かもしれませんが)増収は素晴らしいですね。

直近の決算(平成28年9月期)では、当期純利益が3900万円の赤字となっていますが、これは減損損失(10億5800万円)を計上したことによるものです。ちなみに、同期間における経常利益では18億5100万円の黒字(前年同期比:32.7%減)となっています。

 

次に株価を見てみましょう。以下の図で左側が直近の終値、右側がチャート(2年間)を表示しています。

f:id:pochikichi:20170121140943p:plain

Yahoo!ファイナンスさんから引用させて頂きました。

 

チャートを見てみると、2016年後半から株価が上昇しているのが分かります。日経平均に連動しない値動きとなっていますが、これは単に当期純利益があまりよろしい数字でなかったことに起因するんじゃないかと勝手に思ってます。

そして、時価総額、PBR、PERなどの指標情報は以下になります。個人的に驚異的だなーと思うのはPBRと配当利回りです。(赤字にしてあります)

時価総額(百万円):17,909
PER(会社予想):11.94%
PBR(実績):0.36%
配当利回り:3.48%
優待情報:3月末、9月末が権利確定日で、優待内容は以下の通り

f:id:pochikichi:20170121141753p:plain
※コナカHPの記載内容を一部加筆

 

PBRですが、これは上場企業でもかなり低い部類に入ります。日経平均採用銘柄の平均PBRが1.35倍ですから、およそ1倍ほど低い計算になります。

直近の決算によると流動資産が347億円に対して、負債合計が277億円となっており、流動資産で負債の返済が賄える財政状態となっています。これは素晴らしい。
流動資産には商品に占める割合が大きいので、売れ残りのリスクなどは存在するのは確かですが、流動資産以外の項目ですと、例えば固定資産項目における投資有価証券31億円、長期貸付金16億円、敷金および保証金90億円などはかなりの確率でキャッシュに変換可能な資産項目かと思いますので、財務状態は盤石と言って間違いないと思います。

優待券はディファレンスでも使用可能か?

優待利回りが高いコナカの株主優待ですが、使用可能店舗は以下のようです。

優待割引券1(割引率20%のもの):紳士服コナカ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、KONAKA THE FLAG、FUTATA THE FLAG、スマートクロージングO・S・V

優待割引券2(割引率10%のもの):FIT HOUSE

 

あれ、ちょっと待てよ.....

ディファレンスが入ってないじゃん(´・ω・`)

自分が経営者だったら、認知向上のために絶対に使用可能店舗に入れるけどなー、なんでいれへんのかなーと思っていると、ホームページに載っている株主優待券のなかにディファレンスで使用可能っぽい記載がありました。

f:id:pochikichi:20170121160923p:plain

これじゃよく分からない拡大してみます。

f:id:pochikichi:20170121161115p:plain

 

DEFERENCE」と書いてあるかはかなり微妙ですが、よーく見るとDEFERENCEの文字っぽくも見えます。でも自信がないのでどなたかブログにUPしていないか調べてみると記事として上げている方がいましたので、引用させて頂きます。

kabu-mari.blog.jp

結論から言うと使えるです。確認できてよかった。ディファレンスがいくら安いからと言ってもオーダーメイドスーツであれば、どうしても既製品と比較した時に高価格になりがちですから、20%割引の優待券が使えるのは本当に大きなメリットですね。35,000円のスーツであれば、20%OFFが適用されれば28,000円ですから30,000円を切る価格でオーダースーツが作れることになります。(消費税を考慮しない場合ですが)

コナカでは楽天ポイントカードが使用可能

コナカグループ各店では、楽天ポイントカードを会計時に提示することにより100円(税抜)につき楽天スーパーポイントが1ポイントを貯められ、さらに会計時に溜まっている楽天スーパーポイントを利用可能です。これは2016年の9月30日にリリースされたものですので、業績にも大きく影響するのではないかと思います。個人的には、楽天ポイント愛好家でもありますので、大歓迎です。業績にもプラスに働くような気がしています。

コナカの中期経営計画

 平成28年10月に発表したコナカの中期経営計画ですが、第44期(平成 29 年 9 月期)か第48期(平成 33 年 9 月期)までの期間で以下のような内容となっています。

f:id:pochikichi:20170121144203p:plain

商品政策

「すべては品質から」をテーマに独自の製造小売(SPA)システムを活用した商品ラインナップの拡充を図っていく予定で、例えばニュージーランド政府とのタイアップで生まれた商品「リアル コレクションスーツ」等の展開を予定。

このニュージーランド政府とのタイアップは以下の記事でまとめられています。海外展開も積極的に進めていく方針とのことです。

www.apalog.com

新業態の展開

上の書いたカスタムオーダーメイドスーツの新業態「ディファレンス」などを積極的に展開するとのこと。中期経営計画で触れられていたのは、従来出出店が難しかったような狭小スペースでも出店可能なことや、少人数でのオペレーションが可能である点は非常に世の中のニーズを捉えているなーと感心しました。

アルバイトや社員の確保が難しい環境においては少人数でのオペレーションが可能になっているのは競争力がある経営だと思うんですよね。

www.nikkei.com

グループでの事業拡大

コナカはアパレル以外にも学童保育に関連した教育事業、特に英会話の教室等を運営しているようです。他には、意外にも飲食事業も行っているのですが、教育も飲食もどちらもフランチャイズでの展開のようです。

教育事業は、「Kids Duo」(英語で預かる学童保育)、「Kids Duo International」(バイリンガル幼稚園)をフランチャイズ展開しています。フランチャイズ元は「やる気スイッチ君のはどこにあるんだろ~♪♪ 見つけてあげるよ君だけのやる気スイッチ」のCMでもお馴染みの「やる気スイッチグループ」のようです。

また、飲食事業はこれまでのベーカリーレストラン「サンマルク」から、とんかつ店「かつや」やからあげ専門店「からやま」に業態展開を図り経営効率を高めるつもりのようです。

とんかつ店の「かつや」については、高利益率というのはかつてなにかの記事で見たことがあるので、まあ可もなく不可もなくという感想です。

visualfd.com

ちなみに、フランチャイズ展開を行っているのは子会社の「コナカエンタープライズ株式会社」という会社で、事業内容欄に現在展開している店舗などの情報が掲載されています。衣料品販売を行っていたり、インターネットカフェの運営を行っていたりとかなりの多角経営なんですね。

f:id:pochikichi:20170121155150p:plain

 ざっと、中期経営計画を見てみましたが、いろいろな施策があるなかでも、再三触れているオーダースーツのディファレンスが鍵を握るのは間違いないでしょう。いままでオーダーでスーツを作ったことがない客層にアプローチできそうな気がしていて、いまから今後の業績が楽しみで仕方ありません。