ひもログ

ひも生活っぽい感じから抜け出したい人のブログ

RIZAPの語学学習サービス「RIZAP ENGLISH」について

パーソナルトレーニングで一躍人気となったRIZAPですが、英語学習領域にも進出していたってご存知でしたでしょうか。実はRIZAPはパーソナルトレーニング分野を横展開していて、ゴルフのティーチングなども行っているようです。

スポンサーリンク

 

以下が英語学習に進出する際の記事です。短時間の超集中レッスンで目覚ましい成果をあげるというコンセプトは他の事業と共通しています。

trendy.nikkeibp.co.jp

RIZAP ENGLISHはTOEICのスコアアップを念頭に置いた英語学習のサービスで、具体的には2ヶ月で200点アップというのが目標のようです。これは絶対に達成可能な数値だと直感しました。というにも、自分自身が独学で1ヶ月で150点のスコアアップに成功しているからです。以下の記事の最後の方に関連する内容を記載しています。

www.setsulog.com

この数値は本当に絶妙な目標設定で、平均点あたりをウロウロしている人にとっては本当にいいサービスだと思います。高得点者(800以上)を対象にしていない感じもするので、そういった方は独学がいいような気がしますね。RIZAP ENGLISHのお客さんにはならないでしょう。ホームページ上に記載はありませんが、あくまでTOEICの初級者~中級者までが対象ということでしょう。

 TOEICは死ぬ気になって勉強することが何より重要

TOEICに限らず、英語の資格試験については長丁場の勉強が必要になるという認識を持っている方も多いと思います。ところが、TOEICについて言うと、短時間で「集中した」勉強を行うことが高得点につながりやすいです。

自分の経験則から言えることですが、スコアが730⇒880にアップした時に要した時間はわずか1ヶ月。これは紛れもない事実です。1ヶ月という短時間で理解力が普通の人よりも劣る自分ができたので、多くの人が達成可能なんだと思います。

⬇⬇ 1ヶ月でここまでスコアアップ!

f:id:pochikichi:20170324060953p:plain

短期で勉強するメリットは人間の記憶のメカニズムとも密接に関係しています。以下は忘却曲線と呼ばれる人の「忘れること」についてのグラフです。特に中長期の記憶について、人が記憶をどのようなペースで失っているかがイメージできるかと思います。

f:id:pochikichi:20170324062732p:plain

上の図を見ると、1日目で急激な忘却が発生し、その後緩やかに忘れていきます。6日後にはほぼ記憶として定着していないことが見てとれます。記憶として定着させるには反復学習が有効なのですが、長い時間をかけて反復していても、反復するまでの間(1回目の学習から2回目の学習の間)にこの忘却の波がどっと押し寄せてきます。

TOEICに限った話ではありませんが、試験の範囲がすごく狭いTOEICについては特に短期間での学習が有効になります。自分の場合においても、ツコツとスコアアップを目指していたら、間違いなく高得点を取れずに終わっていたでしょう。

TOEICは短期決戦である

ということはこれから学習する上で頭の片隅に入れておきましょう。

 強制的に勉強する環境に身を置く

TOEICは「コツコツ」というより、短期間で「一気に」勉強をする必要性については理解頂けたかなと思います。ただ、短期間と言っても1ヶ月は確保したいのが本音です。

1ヶ月間集中して勉強することは、言うのは簡単ですが、実行に移すのは本当に難しい。短期間であれ、継続的な学習は「言うは易し、行うは難し」の典型例でしょう。自分の場合は、学習にあたり結婚を控えており、どうしても収入を上げる必要がありました。転職のためにTOEICを学習しなければいけない、という強い動機があったのでできたことだと思います。

英語を話せるようになりたいのであれば、英語を話す環境(英語圏の国での生活)に身を投じるのがいいように、TOEICを勉強するのであれば、TOEICを勉強しなければいけない環境に自分自身を置く必要があります。

結果につながらない努力ほど無駄なものはない

「努力はウソをつかない」というのは真理をついた表現ですが、これは「(正しい努力が行われた時には)努力はウソをつかない」という解釈を自分はしています。

例えば、3年間にわたって気の向いた時に10~15分だけTOEICの勉強をする努力をしたとしましょう。これは平気で嘘をつきます。間違いなく結果がでないでしょう。それよりも、1ヶ月でいいから毎日5時間の勉強をした方がいいに決まってます。

TOEICの学習においては、時間もお金も浪費しながら、結果が出ない人がめちゃくちゃたくさんいる印象があります。本棚に参考書がたくさんあってその参考書をマスターしていないのに、なぜかまた別の参考書を買ってしまう謎行動を取ってしまう人や、TOEICを何回も受験するものの結果が全く変わらな人。百害あって一理ない努力をひたむきに続けてしまうことって結構あるんじゃないかと思います。

でも、こういう人って頭が悪いとか理解力がない訳ではなく、単純に学習する環境と方法が間違っていることが原因という場合がほとんどです。ちゃんとした学習環境と方法を整備すれば想像もしない結果がでるんです。間違いなく。

ですので、RIZAP ENGLISHのような強制的に勉強せざるを得ない英語学習スクールを利用するのは個人的には超オススメです。

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

 

TOEICでいい点数を獲得できれば一気に未来の選択肢が広がりますので、一度死ぬ気になって英語の学習をしてみましょう。