ひもログ

ひも生活っぽい感じから抜け出したい人のブログ

未経験からエンジニアになるには(客先常駐のエンジニアとしてキャリアをスタートさせる)

自分は社会人3年目の頃まで営業をやっていましたが、IT業界で長くご飯を食べていくには開発スキル(プログラミングスキル)が絶対必要になる!と確信してエンジニアに転身しました。

しかし、当時は開発経験が皆無で、応募できる求人が相当少なかった。
※おまけに転職歴が多く、1社1年も続いてないようなボロボロの経歴でした。

実務経験がないから採用されない→応募できる求人がない→実務経験が積めない→応募できない、という負の連鎖。

日に日に未経験からエンジニアになることが無謀なことのように思えてきました。

スポンサーリンク

 

どうしてもITエンジニアとして仕事がしたい

 

無謀なことのように思えてきても、やはり自分の願望は叶えたくなるもの。
未経験ながらどうにかエンジニアとしてのキャリアをスタートさせられないか?

いろんな方策を考えたところ、いわゆる「IT土方」と呼ばれる職種であれば未経験でも積極的に採用をかけている会社が存在することを知りました。

IT土方とは、一般的にSIerの最底辺で客先に常駐し仕様書に沿ってひらすらプログラミングをするような人のことを指すようですが、過酷なプロジェクトで仕事を強いられることも少なくありません。
※ちなみに、IT土方という言葉は土方(土木作業員)と呼ばれる方に大変失礼だと思いますが、便宜的に文中で使用します。

プログラミングの経験を積めるのであれば1年や2年は屁でもないと思い応募することにしました。

探せばたくさんある未経験可の求人

第二新卒のエンジニア採用に強い@Typeなどの求人サイトに登録し、早速応募してみることに。未経験OKの求人は一流企業はもちろん、名前の知れた会社の求人はほぼ0でした。

ただ、企業の規模を問わなければ非常にたくさんの求人があることをこの時に知りました。「前職フリーターでも活躍できました!」というフレーズを見た時には、いかに企業が人材不足に陥っているのかを垣間見た気がします。
※厳密に言うと人材不足というより、客先常駐という必ずしも恵まれない環境で頑張ってくれる人を必死で探している、という感じでしょうか。

この手の求人は、入社後すぐに1ヶ月程度の研修がスタートし、研修終了後は客先常駐のプロジェクトに配属されることがほとんどですが、企業側はプロジェクトに配属さえできれば売上が発生する仕組みになっているので採用意欲は非常に高いです。

拍子抜けするほど簡単に内定をもらう

自分はとりあえず試しに2社を受けたのですが、面接1回でその場で内定を提示されました(2社とも)。面接中は突っ込んだ質問はされずに、ごくごくあっさり終了。
とにかく頭数を揃えたいんだなーという人事担当者の思惑が何度も透けて見えましたね。

そして、こんなに簡単に内定を出すくらいなので、相当高い離職率であることもすぐに想像ができました。まあでも、エンジニアとしてのキャリアをスタートさせるのが第一目標であったので気にしませんでした。


そして、あまり悩まずに最初に内定をもらった会社で働くことになりました。

次回はエンジニアとして最初のお仕事について書きたいと思います。